--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2014/05/17 Sat
家族3人で金華山 実に7年ぶり
IMG_0036_20140517203748bc9.jpg
硬いチャートの岩肌がスニーカーの裏にごつごつと刺激を与える
雰囲気のいい登山道です。


行きは瞑想の小路から

今日はいつになく空気が澄んでカラッと爽やかな風
6歳の娘に合わせゆっくりと

岐阜城に上り360℃の展望を

雪をかぶった御嶽山 北アルプス 
IMG_0029_20140517203908e1d.jpg

伊吹山と濃尾平野
IMG_0027.jpg

リス村に入って

七曲り登山道を下り

名和昆虫博物館へ
IMG_0041.jpg

 世界のカブトムシやクワガタ
IMG_0042_20140517203751d55.jpg
 美しい蝶

 昆虫クイズに真面目にチャレンジ


 金華山家族遠足でした。
スポンサーサイト
Category: 山歩き
2014/04/13 Sun
降らず 照らず ややヒンヤリ 絶好の坂練習日和
IMG_0029_20140413153055029.jpg

ツツジ
IMG_0036_201404131530575c9.jpg

シダ植物
IMG_0045_20140413153058a7c.jpg

新緑と桜
IMG_0054_201404131531491c6.jpg


春の空気が充満しています。
IMG_0049.jpg

高度が上がると桜もまだまだ見頃です。
IMG_0071.jpg

馬酔木(アセビ)  帰って調べました。
IMG_0052_20140413153148061.jpg


90分ほどで到着
IMG_0062.jpg

やや もやっていますが いい眺め


頂上で昼食





家族3人でハイキング
IMG_0089.jpg

でした。
Category: 山歩き
2013/11/05 Tue
今シーズン初の登山靴を履いての山登り 
今回は家族3人で岐阜県と福井県の県境にある夜叉が池を目指します。
7年前に嫁さんと上った所です。

7:30に自宅を出発

10時前に登山口到着
IMG_7434.jpg
紅葉真っ盛り

山という言葉を聞くだけで「山には行かない」と言っていた娘も

キノコやどんぐり、赤い実などを見つけながら
IMG_7444.jpg

「おうちにいるよりたまには山を歩くのもいいね」と

黄葉の回廊
IMG_7439.jpg

落ち葉のじゅうたん
IMG_7447.jpg

アップダウンを繰り返しながら少しずつ高度を稼ぎます。
IMG_7449.jpg

絶壁 「夜叉壁」が近づいてきて
IMG_7457.jpg

その絶壁に
IMG_7462.jpg
滝が流れています。
IMG_7466.jpg

娘と嫁さんを先に行かせ、後ろで安全を確保しながら
IMG_7469.jpg

岩登りの途中でパラパラと次第に雨脚が強くなって
風も冷たくなってきましたが

嫁さんも娘も弱音を吐かずもくもくと池をめざし

夜叉ヶ池到着

予定では池の畔でお弁当

朝の天気予報は午後から回復傾向だったので、しばらく様子を見ようかとも
思いましたが、一向にやむ気配がなく、じっとしていると体温が奪われます。

娘は、ダウンジャケットとウィンドブレーカーは着ているもののレインウェアじゃなく
このままでは遭難の危険も

僕のザックを嫁さんに預け、レインウェアを脱いで、娘をおんぶし、
その上からレインウェアをきて下山


登山家が30kgのザックを背負って山登りすることを考えると15kgの娘は
軽い軽い でも危険な 夜叉壁 

自分が滑ったら娘が怪我をする。

慎重にロープを掴みながら足場を確保して

冷えた体に娘の温もりが感じられます。


岩場を下りて娘を降ろしてここからも油断せず


最後まで家族3人で協力しながら

14:30無事下山

「また、ここに行きたい。今度はゲンゴロー*を見に行く」
*夜叉ヶ池にしかいないゲンゴロー

急に雨が降るときもあるけど、次は晴れるといいね。

その前に、レインウェアを用意しなきゃ。


Category: 山歩き
2013/06/02 Sun
5/26
家族3人で3月のサイクリングで立ち寄った椿大神社へ

お義父さんの命日に
思いが届きますよう
IMG_6533.jpg
鈴鹿山脈からの大きなエネルギーを感じる神社です。

参拝後、神社の奥へ

通勤用の10ℓのリュックにおにぎりと飲み物を入れ

奥の社に続く登山道にある階段
IMG_6516.jpg

先頭を切って、立ちはだかる階段を淡々と上って行く娘の成長ぶりには
おどろかされました。
IMG_6521.jpg

やはり上りには軽さが正義?いや登山には自然を楽しむ余裕とスタミナも必要

奥の社に参拝し


急な登山道から北尾根コースに出るもなかなか視界は開けず
こちらは普段着にスニーカー重装備で上って行く登山者の目が少し気になります。

鉄塔を越えてまた急な下り、下り切ってまた見上げるような急登 

また、3人で一緒に行こうと約束して

退却

湯の山ロッジで汗を流し
IMG_6539.jpg



温泉と山の空気に癒されました。

Category: 山歩き
2012/10/08 Mon
娘にとっては、初めて本格的?な山歩き

IMG_5855.jpg
以前に夫婦で行ったことのある せせらぎ街道 おおくら滝コース

この辺りは平地と違ってひんやりとした風が吹いています。
(乗鞍岳には初冠雪だったそうです。)

途中、どんぐりやキノコを見つけては小休止
IMG_5866.jpg

なかなか前には進みません。
IMG_5893_20121008163519.jpg
沢沿いの滝を見ながら
IMG_5900.jpg
娘と嫁さんが疲れず楽しみながら登れるようゆっくりと登って行きます。

少しづつ前へ進み、到着。

おおくら滝
IMG_5915.jpg

帰りは山道を途中落ちている栗を拾いながら
IMG_5919.jpg

それにしてもイガの中は、ほとんど空っぽ
実があっても虫の穴が開いていたり

たまたま通りがかった人間に持っていかれたり
いったい何個の栗が冬を越し春に芽吹き成長するのか?
栗の収穫率から自然界の厳しさを感じます。

ポケットの中はどんぐりと山栗でいっぱい

山の恵みをいっぱい感じて約4km山歩きを楽しむことができました。


Category: 山歩き

プロフィール

ゴリオ

Author:ゴリオ
平日は自転車通勤
休日は少し遠くへ

坂道対策でランも継続中
 

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。