--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2013/03/27 Wed
久しぶりの自転車歴更新

高校時代の自転車通学から9年程ブランクがあり

ジテツウ再開

2003.1 TREK4300マウンテンバイク(アルミ) 
 ↓
2006.2 TREK7.7FX クロスバイク(アルミ+カーボンバック、カーボンフォーク)
 ↓
 次は
 ・
 ・
 ・

これで最後の1台となるだろう。(当時は真剣にそう思っていました)
だから妥協はしたくない。

条件は、フルカーボン コンポ105 の完成車
でもいざ決めるとなると直感的にコレだというロードバイクが
見つからず・・・

迷いながらショップに通っていると吊るしてあるフレームが目に留まり

黒と白のシンプルで洗練されたカラーリング
チームカラーのLOOK555 
(カタログや雑誌では、大きくダウンチュ-ブに555でした)

当時ロードバイクの知識はほとんどありませんでしたが、
LOOKといえば高嶺の花というイメージ
到底、手の届かない存在と思っていました。

帰ってから、そのフレームが頭からはなれず、翌週またショップへ

ショップのスタッフに相談し、

コンポ105、シルバーカラーのアクシウム、
他のパーツもDIXNAのシルバー系で統一し、
自分なりにこだわりの一台に仕上げてもらいました。


2008年2月 

ロードバイクの世界に

2013年3月これからも続きます。
スポンサーサイト
Category: 自転車暦
2013/01/16 Wed

最初に乗り始めたスポーツバイクはTREK4300 MTB
IMG_4888.jpg

四国在住時も通勤はもとより、しまなみ海道、徳島の祖谷などサイクリングを供にしてきました。
愛知県に引っ越してきて1年はメインの通勤バイクとして、
その後、ジテツウのメインはクロスバイクに変わりましたが
今でも、雨や雨が降りそうな日に、ジテツウで活躍してもらっていました。
(稼働率は30%弱)
ただ、最近ヘッドやBBの回転が重く、フロントサスペンションも柔軟に動かなくなり。

過酷な状況で乗っていたにもかかわらず、大きなトラブルもなく良く頑張ってくれ
今まで悪天候の中、支えてくれた大切な相棒です。

名残惜しいのですが、引退してもらうことにしました。
9年間ありがとう。


Category: 自転車暦
2011/10/22 Sat
久しぶりの自転車暦更新

通勤快速化と行動半径を拡げるために
2007.2~  TREK7.7FX(クロスバイク)
IMG_1658.jpg

当時はよく名古屋方面を探訪していました。
(知らない街を散歩するのが好きです。)

当時のウェアは普段着(動きやすいアウトドア用) ヘルメットは着用せず

たまに郊外に出てみるとロードバイクが多く
すれ違うロードバイク乗りは必ずと言っていいほど 
ヘルメット + ピチピチのサイクルジャージ + アイウェア

ノーヘル普段着走ってる自分の格好がこれでいいのか、なんだか肩身が狭く
なるとともに、クロスバイクのスピードでも

もし車に跳ねられたら・・・
下り坂で転倒したら・・・

最低限 頭は守ろう!


2007春~ 
週末のサイクリングの時はヘルメットをかぶるように
(いまでは通勤時も着用しています。)
次に、どうしても距離を走るとお尻の痛みが・・
2007夏~
レーパンとサイクルジャージを購入
汗をかいても乾きやすいし、風でばたばたもしません。お尻の痛みも軽減
 
サイクリングウェアの快適さを知ると、もう後戻りはできません。

ただ、街に行かなくなってしまいました。
(たまにはスピードや距離を気にせず単純に町をブラブラしたいときもあります。)

これで外見に対してのハードルはクリア!!

しかし
ポジションが制限されるクロスバイクでは肩や首がこり、せいぜい100kmまで

 走行中にいろいろなポジションがとれるロードバイクに乗れば快適に遠くへ
行けるのではと思うようになってきたのです。
Category: 自転車暦
2011/03/08 Tue
以前は、クロスバイクで50~100kmのサイクリングをしていました。

休憩の度に一服

体が酸素を要求しているせいか、ちょっと運動した後のタバコは
格別と感じていました。
(登山をしていても登頂後の一服は気持ちよかったものです。)

ある日、職場で
「競輪選手*が練習している景色のいい峠があるぞ」
という話を聞き、どんな峠か知らずに行ってみました。
(*ロードバイク乗り=競輪選手 と思っている人が多い。)

初めての峠ライド 

ギアはフロントトリプル×リア10速なんとかなるだろう

でも甘かった・・・

延々と続く登り

心臓はバクバクそれでも体全体へ酸素の供給が足りないのか、酸欠状態になり
脚に力が入らなくなります。

登りだして数百mでファイナルロー それでもクランクを回す力がでません。

体力の限界

をこれほどまでに感じた事はありませんでした。

3回ほど途中休憩をいれてようやく頂上へ 

10年以上の喫煙と運動不足で心肺機能がかなり低下している状態だという
ことを思い知らされたのです。

この峠が名古屋近辺のヒルクライムのメッカ「ニノ瀬峠」でした。

その後しばらくして
休み時間、ボディビルダーの先輩と話す機会がありました。
よく自転車やトレーニングの話をする関係で筋トレについていろいろとアドバイス
してもらっていました。

ふとタバコを吸おうとした時、

スポーツをやる人間が何をしているんだ。見苦しいぞ

全く関係はありませんが
四国に住んでいる時
阪神タイガースの 高知安芸のキャンプを見に行った事があります。
練習が終わり、選手たちがタクシーに乗り込んで車が動き出すと同時に窓から
ぷかぷかと煙を出していたのです。

プロ野球選手がまさか?

幻滅したことを思い出しました。

当時、自分の中で自転車はスポーツという意識はなかったのですが、

やっぱりスポーツマンにタバコは似合わない

と自分に言い聞かせ、先輩の忠告後キッパリとやめました。

ニノ瀬峠と先輩の一言で、煙との契りを断ち切ることができたのです。

嫁さんと子供にもタバコの害を及ぼすことなく、また家の中で肩身の狭い思いもせずに済みました。

ちょうど娘が生まれる1ヶ月前2007年8月のことです。

Category: 自転車暦
2011/03/01 Tue
2006年4月からマウンテンバイクでジテツウ

名古屋近辺はアップダウンが少なく、ジテツウの人がは多い方だと思います。
その中で、クロスバイクやロードバイクで颯爽と走るツーキニストを見かけるようになり、

「カッコイイなぁ あんな自転車で走ったらもっと速く走れて気持ちいいだろうなぁ」

日に日に新しい自転車が欲しくなって
ロードバイクとクロスバイク どちらにしようか迷っていました。

クロスバイクはあまりMTBと変わらないんじゃないか、中途半端なんじゃ・・・
でも良く考えてみると
・通勤と名古屋近辺のポタリングがメインになるだろう。
・街乗りにはクロスが似合うし、ウェアは普段着でもいい
・ドロップハンドル、ピチピチのジャージとヘルメットに抵抗がある。
・MTBに似た見た目(当時はロードバイクよりMTBの方が断然カッコイイと思っていた)
・ロードバイクは高価すぎて手が出ない。

やっぱり当時の自分にはクロスバイクでした。

そんな中、久しぶりにサイクルショップに行って、一際目を引くクロスバイク

丁寧な作りのフレーム、渋いチタンカラー、精巧なパーツ、カーボンフォークにカーボンバック、
IMG_1657.jpg


カタログで見るより断然かっこよく、シートステイのラインとカーボンの織目に
すごく惹かれるものがありました。

サイズも最適で今なら決算特価
(とは言っても、初代のマウンテンバイクを2台以上買えるほど)
かなり迷いましたが、家に帰って、カタログを眺めているうちにどうしても
乗ってみたくなり
1週間後、同じショップへ 2007年2月 2台目の自転車契約です。
(スポーツジムに通うと思ったら・・・いいか)

TREK7.7FX 
IMG_1658.jpg


現在メインの通勤号として活躍しています。
Category: 自転車暦

プロフィール

ゴリオ

Author:ゴリオ
平日は自転車通勤
休日は少し遠くへ

坂道対策でランも継続中
 

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。