--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2013/09/25 Wed
8/31乗鞍前日
マトリックス監督のヒルクライム講座で
ポジションについての話がありました。

「低いポジションから、少しずつ上げていき、平地で最もスピード出せる
ポジションにするといい。」

さすがに講座の後、ポジション変更してレースに臨むことはしませんでしたが・・・・



講座から3週間後、ふと先日の講義を思い出し

乗鞍も終わったし、ちょっと下げてみようか



コラムスペーサー 5mm
IMG_7128.jpg
ステムの上側に移動

9/22 179km走行結果(考察)
・走り始めて20kmぐらいまでは明らかに低いと感じ元に戻そうかとも思ったが
 走っているうちに気にならなくなった。

・速度が出しやすいポジションか?
 少し窮屈な感じがしてハンドルを引きつけにくいと感じた。
 脇をしめ肩甲骨の間を開く感じで腕の位置をさげることで楽なポジションに
 なると思う。
 また、サドル前後位置の関係もあるので、しばらく様子を見て調整する。

・サドルへの荷重が減ったぶんりその分ハンドルに掛かる荷重が増えた。
その何割かを体幹で保持しよう。

・前傾する分、首の負担が大きくなると思われる。(今回は大丈夫だった)
 

たかが5mmされど5mmです。



如何に楽して遠くに行けるか、試行錯誤してみよう。



スポンサーサイト

プロフィール

ゴリオ

Author:ゴリオ
平日は自転車通勤
休日は少し遠くへ

坂道対策でランも継続中
 

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。