--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/05/12 Sat
先日の知多半島サイクリング途中、立てかけていた自転車が突風にあおられ転倒

その後、スプロケットに対し テンションプーリー と ガイドプーリーが斜めになっている状態
走行に支障はない程度だが、曲がっていると気持ちが悪い

帰宅後、再度変速確認
トップギアに入らずローでガイドプーリーの先端がスポークにかする状態
そのままクランクを回すとチェーンが脱線
いくら調整しても治らず。

リアディレーラーハンガー(フレームのエンドとリアディレーラーをつなげてるアルミ製のパーツ)
が曲がっているようです。

その日の夕方、ショップへ持ち込み

幸いGW中、メカニックも空いていました。
すぐさま快く点検に応じてもらい
「けっこう行ってますね。完全には治らないかもしれませんが応急的に修正します」
 アルミ製のエンドが鍛造か鋳造かによっても変わってきます。鋳造ならいいんですが」
 プレス品(鍛造)のようでした。
 
専用の工具で曲がりを修正し、リム全周との距離が一定か確認
手際よく短時間で修理と調整をやってもらいました。
さすがプロのメカニックです。(技術と工具なしでは無理な作業です。)

<修正後>
IMG_4849.jpg

「曲がった金具を修正する感触がやわらかく、強度が低下しているのは
まちがいない。急激な負荷がかかった場合、折れる可能性があります。
部品交換した方が良いです。」
とのこと

部品を2個発注、届き次第交換、残り1個は予備として保管の予定

フレームの破損を防ぐためにエンド金具は敢えてやわらかくしているのは知っていましたが
いままで何回かリアデレィラー側に倒れたことがありますが問題はありませんでした。
今回は突風で倒れて一点に衝撃が加わったのだと思います。

強風の時は立てかけず寝かして置いた方が懸命です。


関連記事
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

ゴリオ

Author:ゴリオ
平日は自転車通勤
休日は少し遠くへ

坂道対策でランも継続中
 

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。