--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/07/09 Mon
結果はさておき、自分の力を出し切れました。

序盤 霧雨の中のきつい上り
あまりの遅さに太ももに虫が止まるほど 

標高が上がるにつれて霧雨がミストに

とにかく完走するために前方を走る人に付いていくだけだったのですが

途中サポートカーから
「頂上は晴れていますよ。頑張って!!」

少し元気がでてきました。1人2人と少しづつパスし

稜線に出ると
IMG_5922.jpg
応援バスに乗って頂上へ向かっている嫁さん撮影

雲の上の視界がひらけ、ひんやりとした爽やかな空気
IMG_5924.jpg

乗鞍の壮大な景色 体力は限界ですがとても清々しい気持ちに 

IMG_5925.jpg


最後の緩斜面はラストスパート
気分はパワー全開 45km/h(実際は30km/hちょっとでしたが)

前を走っている人に追い付き、しばらく後ろについてドラフティング(のつもり)
残り200mで追い抜き、
残り100m
ゴール前で差され 

ゴール!!
IMG_5932.jpg
少しだけレース気分も味わえました。

初めて乗鞍スカイラインを走ったのですが、エコーラインとは違う山岳の景色が最高です。

「また来年もエントリーしよう」

ゴールしてすぐ そう思える大会でした。




関連記事
スポンサーサイト
Category: 乗鞍

ゴリオ >>URL

Re: No title

たけぴろさん こんばんは!

ほとんど10km/hを下回る速度でかろうじて完走でした。!
颯爽と走る斜面ライダーにも3人ぐらい追い抜かれましたよ。
メンバーの方々なかなかやりますねぇ。

後からスタートした一般カテゴリーの女性にも抜かれる有様で
待ちくたびれた娘に「パパ遅いねぇ~ トイレ行ってるんじゃない?」
と言われていたそうです。

たけぴろさんも来年はぜひ出場してみてくださいね!!

Edit | 2012/07/12(Thu) 20:05:20

ゴリオ >>URL

Re: タイトルなし

syuryoさん

大会じゃなくて、もう一度のんびり走ってみたいコースです。
また、機会を作って走りに行こうと思っています。

ご家族も一緒に来年エントリーして下さい。
奥飛騨の温泉もいいですよ!

Edit | 2012/07/12(Thu) 20:01:29

ゴリオ >>URL

Re: お疲れ様でした

tmzさん
ゴールした時は何とも言えない達成感でいっぱいでした。

30年前にランドナーで行かれたのですね!
荷物もあったでしょうからそうとうハードだったのではないかとおもいます。
でも、雄大な景色がしんどさも何もかも忘れさせてくれますね!
思い出のコースをもう一度、駆け上がってみてはどうですか?

Edit | 2012/07/12(Thu) 20:00:05

ゴリオ >>URL

Re: No title

Siruさん
濃霧の中をハエが止まるような速度で這い上がって、
視界が開けた時の絶景は言葉に表せないほどでした。
麓には温泉もありますし、ご家族も楽しめると思いますよ!
ぜひ、来年は出場を!

Edit | 2012/07/12(Thu) 19:58:00

たけぴろ >>URL

No title

こんちゃすゴリオさん!
完走、まずもっておめでとうございます&おつかれさまでしたー♪
そっかー
来年も出たいくらい楽しかったわけっすねー。私、4~5年前に一回だけ出ましたが、いきなりの急こう配にいきなり面喰ってしまい苦しい思い出しか残ってないっす!
でも景色は凄かったのは覚えてます♪
メンバーも出てるし来年は出てみようかな~と思いました(^_^;)
にしても、ちゃんと応援してくれるご家族の存在がとっても眩いッ!羨ましー♪

Edit | 2012/07/12(Thu) 11:21:16

syuryo >>URL

完走、お疲れ様でした。
写真の景色が、凄い綺麗ですね。
僕も出たかったな~。

Edit | 2012/07/10(Tue) 23:54:53

tmz >>URL

お疲れ様でした

こんばんは。
頂上に着いたときの気持ち、最高だったでしょうね。雲海の上に見える雄大な景色と心地よい疲労感、私も若かったらチャレンジしたいです。

もう30年近くも昔になりますが、私も乗鞍に行ったことがあります。スカイラインではなく、乗鞍高原経由の一般道です。ランドナーで軽いギヤをクルクル回して上ったのであまりしんどくは無かったですが、頂上下の小屋に泊まり、翌朝、自転車で頂上まで上りました。登山客にバカにされながらも、前日に知り合った同行の士と励ましあいながら。
頂上に着いた時の達成感は、一生忘れられない青春(臭い言葉)の思い出です。

Edit | 2012/07/10(Tue) 21:20:12

Siru >>URL

No title

お疲れ様でした!

残雪が残る、絶景の中を駆け上がるんですね~~。
自分も出たくなりました。
でも、遠い・・・・ 笑

Edit | 2012/07/10(Tue) 08:44:05

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

ゴリオ

Author:ゴリオ
平日は自転車通勤
休日は少し遠くへ

坂道対策でランも継続中
 

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。