--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2013/08/18 Sun
8/12  21:30 愛知県出発 
嫁さんの実家に帰省途中、サイクリングを織り込む、
ここ数年定着してきています。

今回は海道(しまなみ)ではなく、山道


8/13  3:30  面河ふるさと道の駅に到着
気温18℃ 鳥肌が立つくらいヒンヤリとした空気
空を見上げると
こんなにいっぱいあるのかというくらい星が散りばめられています。
少し仮眠して 5:00
準備していると夜が明け 

ここで、車で実家に帰る家族と別れ、

僕は自転車で

5:30過ぎ出発

西日本最高峰を望む山岳コースへ

夜中のロングドライブ後、しかも連日の猛暑 
いつにもまして無理をせず、安全走行を心掛けます。

石鎚スカイラインゲート前 
DSC_0037_20130818093545880.jpg

なんとゲートが閉まっています。

7:00から開通

まぁのんびりいこう。
DSC_0040_20130818093821f7c.jpg

その間 少し奥にある面河渓へ
DSC_0036_201308180935443ae.jpg

秘境の絶景 初っ端から気分はクライマックス
DSC_0025_201308180935412ff.jpg

いきなりもったいない感じです。
DSC_0022_20130818093540a3c.jpg

しかし立ち止まると

アブの集団が
DSC_0027_2013081809354287d.jpg
のんびりと景色を眺めることはできません。

事前に虫が多いことは分かっていたので
レーパンから下は、虫よけスプレーを吹き付けていたのですが
ここのアブには効き目がないような

レーパンの上から太ももの後ろを2カ所刺され

アブ特有の痛痒い刺激

時間があったので面河渓まで2往復
今度はアブを払いながら
1回目よりアブの数がふえているような?


7:00開通と同時にスタート

「今ここを走っているのは俺だけだよなぁ」と
感慨にふけることはできず、所々アブの襲来
また、何カ所か刺され

見えるところは追い払えますが、
静かにお尻や太ももの裏にとまっているヤツにやられてしまいます。

痒さを紛らすために
お尻と太ももの裏をパンパンたたきながら
逃げるように高度を稼ぎ
標高が上がるにつれてようやく襲撃も収まり
約18kmのヒルクライム 完走

土小屋 でコーヒータイム
DSC_0070.jpg
    
眼前にそびえる石鎚山は西日本最高峰1982m
DSC_0045_20130818093823428.jpg
向こうには瓶ヶ森 1896m

瓶ヶ森林道は、「がけ崩れのため通行止め」 との情報は入手しており
行ける所まで行くことに

瓶ヶ森林道 別名UFOライン 突入 
DSC_0050.jpg
四国山脈の尾根を縫うように

目の前にそびえる岩山は 子持ち権現山1677m 
DSC_0051_201308180938268d8.jpg

おなじくらいのところまで上がってきました

瓶ヶ森
DSC_0053.jpg

少し先で岩盤の崩落
DSC_0058_20130818094008cd5.jpg


先にはさらなる絶景が

いつかまた来よう。


ここで折り返し 


下りは石鎚山を眺めながら
DSC_0067_20130818094102f71.jpg


◎ここでアブの習性について
 ・虫よけスプレーは効果あり。(とまるが刺さない)
 ・黒いレーパンの上から刺してくる。黒に吸い付きやすい。
 ・白いジャージやアームカバーやの上からは刺されなかった。
 ・水の流れているところや湿った場所にたくさんいる。
 ・小さい奴はしつこくまとわりつく

R494面河川(仁淀川)沿いを南下
DSC_0071.jpg
途中水場で体を冷やし 

R33合流地点 
DSC_0073.jpg

R380 を西へR379から内子まで

この東から西への走行が大変なこと
山間部の木陰を走る道を想定していましたが殆ど炎天にさらされ
ガーミンの温度表示は45℃まで上昇
熱風が内陸に集められ凝縮されているような感じ

体がオーバーヒートする前にクールダウン
とにかく水分補給だけはこまめに、

内子町についたら 蛇行する肱川沿いを走り大洲まで    
またこの川沿いもほとんど日陰が無く

途中 大声で叫びたくなりそうな暑さ
さすがにやってられない。(まあ貴重な経験か)

15:30 大洲手前のコンビニで回収され 

何とか無事に帰省道中サイクリング終了 



 <当日の補給>

 ・おもごふるさと道の駅にて いなり3個 山菜天ぷら

 ・水     500×3
 ・アクエリアス   500×2    
 ・コーラ    350×2
 ・リアルゴールド 190×2
 ・茶     500×3
 ・麦茶    600
 ・梅ジュース  500
 ・野菜ジュース 300       
 ・コーヒー    190      計6670cc

石鎚大洲


走行距離 148.1km
平均速度 23.5km/h
上昇高度 1924m

関連記事
スポンサーサイト
Category: 四国

ゴリオ >>URL

Re: タイトルなし

と~ちゃんさん こんばんは!

仕事を終え夜通し車で走った後のスタートで
結構ハードな行程でしたが、いろんな刺激で
乗り切る事ができました。

また、今回のコースにはコンビニが一軒も見当たらず
開けていないんですけど、そこがまた良いんですよね!

是非、四国にも足を延ばして見て下さいね!!

Edit | 2013/08/19(Mon) 20:18:53

ゴリオ >>URL

Re: No title

peraoさん こんばんは。

朝のヒンヤリから灼熱に変わる気温の変化でした。
石鎚周辺はアブにも快適だったんでしょうね!

終盤の肱川の河川敷のヒマワリは太陽から目をそむけみんな
下を向いていましたよ。

そんな中、ほんとによくやるなぁって感じでした。

Edit | 2013/08/19(Mon) 20:08:56

と〜ちゃん >>URL

こんにちは(^ ^)

いいお盆休みのスタートだったのですね♪
ハードなスケジュールの中石鎚山スカイラインを走られるなんてさすがゴリオさんですね。

景色のいいところですね〜(^ ^)

Edit | 2013/08/19(Mon) 11:32:00

perao >>URL

No title

石鎚スカイライン登頂お疲れ様でした!

綺麗な景色いっぱいのすばらしいサイクリングでしたね(^^)

私なんて家でローラーするだけで、暑さに負けて何処にも行って無い(~_~;)
少しはゴリオさんを見習わなければ!!

それにしても、虻の襲来や45度なんて殺人的な温度のなか本当お疲れ様でした。






Edit | 2013/08/18(Sun) 23:08:23

ゴリオ >>URL

Re: No title

chiefさん こんばんは。

アブの襲来でヒルクライムどころではありませんでした。
おかげでしんどさは半減しましたけどね(笑)

石鎚スカイラインもですが手前のクロモリ(黒森)峠
その先の瓶ヶ森林道
透き通った川の流れも素晴らしいですよ。

できればアブのいない紅葉の時期に走ってみたいものです。


Edit | 2013/08/18(Sun) 18:43:31

chief/MMR >>URL

No title

お疲れ様でした。
岩盤崩落が生々しい、コワ-

『石鎚スカイライン』..
スカイラインも林道も素敵な眺めがよいですね。
何時か訪ねてみたいですw

何気にサラッと『石鎚スカイラインヒルクライム』を攻略されてる..の.でわ?





Edit | 2013/08/18(Sun) 12:57:03

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

ゴリオ

Author:ゴリオ
平日は自転車通勤
休日は少し遠くへ

坂道対策でランも継続中
 

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。