--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2013/08/20 Tue
初めて四万十川を自転車で走ったのは2年前のGW
松野町おさかな館から 江川崎を経由しR441四万十川沿いを走り海まで、
太平洋を見て、南予の海岸線を走りました。

今回は少しでも暑さを避けるため、 早朝スタート海なしのコース

3:00に起床 スタート地点まで車で送ってもらい。

4:30おさかな館 出発

毎度のことながらサポートしてくれる嫁さんに感謝です。


R381 四万十川の支流 広見川沿いを暗闇の霧の中を抜け

JR江川崎駅
DSC_0075.jpg

先日、日本最高気温41℃を記録した地点
DSC_0077.jpg


R441 四万十川下流へ南下
2年前よりだいぶ道路工事が進みトンネルも増えて様子が変わっています。

できるだけトンネルは回避し旧道沿いを

DSC_0079_201308182121582b3.jpg

四万十川といえば

見事に風景に馴染んでいる沈下橋

岩間の沈下橋
DSC_0085_20130818212326e4a.jpg
とりあえず沈下橋を発見したら下までおりて対岸に渡ります。
DSC_0081.jpg
今回いくつの橋を渡って帰って来ただろうか?


勝間沈下橋
DSC_0088_20130818212327b97.jpg


三里沈下橋
DSC_0089.jpg
橋から7~8mはあるでしょう。
DSC_0090_20130818212330112.jpg
間違いなく沈下しています


佐田沈下橋
DSC_0092.jpg
 
下流側は川幅が広くなり橋が長くなります。
この前来た時はもっと水があり川面まで手が届きそうな感じでしたが
だいぶ川底が見えています。

(前回はこの橋を渡り四万十川右岸から海へ)


四万十市(旧中村)の中心街から


日本3大酷道  R439(よさく)


安並水車の里
DSC_0100.jpg
用水から水車で田んぼに水を引いていたとのこと。


四万十川下流に合流している後川を遡り

所々にたたずんでいる木のオブジェに和ませてもらいながら

この辺の地名を住次郎と呼ぶそうな
DSC_0101_20130818212416164.jpg
住次郎さん?


R439がようやく酷道の趣を呈してきました。
DSC_0102_20130818212418098.jpg
上側がR439 下側が市道

酷道というと車では少しためらうところですが、自転車なら心躍ります。

深い緑のおかげでほとんど日差しはなく
ヒンヤリとした空気に包まれています。

また斜度も3~6%と比較的緩やか

涼みながら高度を稼ぎ

いつの間にか杓子峠?
DSC_0103.jpg

四万十市と四万十町の境界
DSC_0104_20130818212421acb.jpg
峠を境に四万十川の上流側と下流側
市と町の分水嶺?


杓子峠を振り返り
DSC_0106_20130818212533ccf.jpg


大正へ下り四万十川に合流

たくさんの川が合流していることから
四万十と呼ばれるようになったとか 
走って納得です。


R381 本流沿いをまた下り

古い民家に立ち寄り
DSC_0110.jpg

できるだけトンネルは通らず蛇行する川の流れに沿って

またまた沈下橋 
DSC_0112_2013081821253571c.jpg
川に下りて太ももまで浸かり
DSC_0115.jpg

丸みを帯びた石ころがごろごろして足裏を刺激
水は透き通ったぬるま湯

全身浸かるにはいい湯加減・・・・

ではなくヒンヤリした清流でクールダウンしたい


鉄橋と沈下橋
DSC_0116.jpg

半家の沈下橋
DSC_0126_2013081921391171d.jpg

「半家」とは平家の落人が、源氏の追手に見つからないように平の横線一本を
点々の下に移動して半としたとの言い伝えがあるとか

ただ読み方は 「はげ」 


もうすぐ、江川崎 

さすが最高気温を記録した地点

猛烈な熱風と日差し


ただ今回は、緑の中を多く走ったおかげで
 
まだまだ元気を残して


13:00 おさかな館に到着
 
 
おおいなる自然からパワーをもらい気分爽快


四万十川周遊サイクリング 終了
130816四万十


走行距離 151.5km
平均速度 25.3km/h
上昇高度 912m




関連記事
スポンサーサイト
Category: 四国

ゴリオ >>URL

Re: こんにちは(^ ^)

と~ちゃんさん こんばんは。

四国にゆかりがあるとは、親近感が湧いてきますね。
(僕は九州出身ですが)

是非、ご自身のルーツを訪ねて自転車で走ってみてください!!
きっと東海地方では味わえない道が待っていますよ。

Edit | 2013/08/22(Thu) 19:46:57

と〜ちゃん >>URL

こんにちは(^ ^)

毎度の事ながらご理解のある奥様で羨ましい限りです(^ ^)

「沈下橋」そんなに所々にあるのですか?
水かさの増える数カ所かと思ってました(・・;)

四国の血が半分流れてるのに知らない所ばかり(笑)

平家の落人話は色々ありますね〜♪

Edit | 2013/08/22(Thu) 10:51:32

ゴリオ >>URL

Re: No title

chiefさん こんばんは。

沈下橋(らしき)は津屋川にもあるんですよ。
こんど通った時探してみてくださいね!

四万十はその名の通り
数えきれないほどの流れがあつまっているんだと
走ってみると良くわかります。
それでも今年の高温と少雨で水量は減り、ぬるま湯の状態に
なっていました。

これからの気候変動が心配です。

Edit | 2013/08/21(Wed) 19:30:56

chief/MMR >>URL

No title

ほ~『沈下橋』..初めて知りました(不勉強、ハズカシ)
手摺がナイ!!橋ですか!

それに本当に『四万十』川なんですね~、へー
勉強になります、、
色々な風景、知識..知らないことばかりです。

今、話題の四万十市..お疲れ様でした。
無事、生還ですねw

Edit | 2013/08/20(Tue) 20:37:41

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

ゴリオ

Author:ゴリオ
平日は自転車通勤
休日は少し遠くへ

坂道対策でランも継続中
 

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。